習いたい、習わせたい

「習い事を選ぶとき」に考えたいことですね。本人の性格にもよりますが、どちらであっても一定の期間は続けてみて、ある程度まではたどり着かせる方がよいでしょうね。

前者は「本人がやりたいという希望があり」にやってみる場合ですが、意欲が続く場合は何も問題ないですが、壁に当たってもそのまましばらくは様子を見て流すことの方がよいですね。「最初はやりたいだったことが、結果がでなかったり、壁にぶつかったりして、やりたくないと言い出したらすぐやめるとなりかねない」ことが気をつけたいことです。一度やりはじめたら一定の期間(少なくとも2年ぐらい)、一定のレベル(目標の最低レベル)までは続けた方がよいことが多いですね。どのようなものでもレベルを上げるためには「一定の期間とそれなりの努力が必要」になってきます。この「壁をクリアする、突破するの経験」をさせずにすぐやめるを繰り返すことは避けた方がよく、中途半端は身につかなくなる可能性の高い習慣の典型です。これは「合っていないのではなく、努力することができない」の方が多いからですね

後者の「習わせたい」ことの場合は、「本人の意思とは無関係ですので意欲なしやなかなかやる気にならないままやらされ感でやり続ける場合」がありますね。これは「親の長期の目的があって取り組んでいる」のですから、この場合にも本人が何を言おうがなかなかうまくならなくても一定の期間やレベルまでは様子を見て続けさせるの方がです。よくやってしまう途中で挫折して他に目を向けてそちらにの「隣の芝生はあおい」のやり方はこれも何事も習得できなくなる可能性のある習慣ですね。この場合も「遅々としてレベルが上がらなかったり、進まなかったとしても一定の期間やレベルまではやり続けさせる」が大事でしょうね。ここまでいかなければやめさせないということができるならその方がよいでしょうね。

どちらも「今を考えるのか、将来を考えるか」の違いでもありますね。どちらがよかったかは、楽器やピアノの奏者やスポーツの選手のインタビューでもよく聞く話の「最初は全くやる気がなかったのですが、途中から面白くなってそれが今まで続けてきたらいつのまにか・・・」などですね。経験や努力が全く無駄になることはなく、どのようなものも縁あってものですので続けてみるが何かを習得するためには必要なことなのでしょうね。

今とこれから。継続努力ですね

これからの入学者も予定されていますが、夏休み前後から入学の6人の新しいメンバーもだいぶ教室での学習に慣れてきていますね。「そろばん、算数の練習帳、パソコン、育脳教材」を反復学習していますが、少し難しいところに来てもゆっくりでも構わないので進んでいくことでよいですね。「学ぶことは、慣れも大事」な学習方法です。柔道での「乱取り」ようなものです。「数をこなすことで習得できることを軽視しない」ですね。練習を怠らなければいつのまにか身についてきます。2部のメンバーを見れば明らかですね。そういうものですね。

1か月後の10月の検定試験の申込も手続きをしました。今回もたくさんのチャレンジ組がいますね。中でも、昨年から今年の前半入学の1年前後の学習者の初心者クラスの「年長さんから2年生の6人がはじめての検定に挑戦」です。「受験をする」と決めてからの学習姿勢、意識に大きな進歩がみられます。やはり、具体的な目標が定まると違ってきますね。あと、一か月しっかり努力して最初の検定をクリアしてもらいましょう。上級者の試験場受験組の21人は正答率の向上に向けての学習に入っています。珠算は正答率80%以上が必要ですが、同じ間違いを繰り返すメンバーは危険ですね。「自分で間違いに気が付けない直せない」ではです。あと一歩組に共通するクリアできるかできないかのポイントですね。9月末のフラッシュ暗算検定もたくさんの受験者です。こちらもしっかりとですね。

11月には「そろばんの競技大会」が2つあります。技能を確認する検定試験とは違った自分の実力を試す良い機会でもありますね。年二回(5月、11月)の「全神奈川県通信珠算競技大会」は、わり算ができるようになった人から順番に全員が参加します。順位を争う上位陣以外は、この大会は半年間でどれだけ技能を伸ばせたかを確認するためにとてもよいものですね。「ライバルは半年前の自分」ということです。もう一つの毎年開催の「そろばんコンクール」はすでに1回目の選抜練習問題を行いました。教場内での「参加基準点(教室ではA基準といっています)」をまずはクリアですね。会場大会への推薦基準のB基準をすでにクリアできた選抜組は、11/23(水・)の大会に参加できるならば、個人総合競技だけでなく、読上算、読上暗算、フラッシュ暗算の競技もありますので腕試しをしてきてみましょう。去年の参加者は入賞できた競技も多く、とても楽しみにしているメンバーもいるようですので、今年はどうなるかですね。

考え方、取り組み方での違い

次のようなことはどのように感じますか? あるいはどちらでしょうか

試験で合格できなかったとき「まだ受けるべきでなかった、無駄になった」というような話を聞いて「そうだよね」と感じてしまう人も少なからずいますね。努力を全くしなかった場合は別ですが、ちょっと残念に感じてしまうことです。受験日までに日にちがない場合で直前に申し込んだときはそうかもしれませんが、少なくとも1ヶ月以上ある場合「それまでにどうする、頑張る」という目標に向けて努力してきたことが無駄と考えてしまうのはどうかということですね。 結果だけを見ればわからないではないですが、その面だけを見ることはちょっと共感できないですね。努力をしてきた場合、その過程でに学べる事、学ぶことがたくさんあり、時間がなければ身につかないこともありますよね少なくとも申し込まなければやらなかったことをしてきているはずです前向きに考えるかどうかの違いかもですね。どうでしょうか?

また、以前にも伝えたことがありますが、これまで経験したことがないことに出会ったときに、「やったことがないからできない、やれないからやらない」というものどうでしょうか。「やったことがないから、やった方がよい、やってみよう」の方に共感してもらいたいと思いますがこれもなかなか難しいのかもです。知的好奇心の高さというのは知らないことに出会ったときに自主的に知ろうとする働きの高さと思っています。教室でもやったことがないレベルの問題に取り組むときにすぐに「やれない、やらない、思考・行動停止」の人と「ダメでもやってみようとする人」に分かれます。どちらが成長が早いかは後者の方がやはり多いですね。そろばんの読上種目などの練習の時にも「自分の対象の問題だけ取り組み、レベルの高い問題をやらずに遊んでいる」という人もいますね。これもやろうとする人に軍配があがりますね。モチベーションが高い人に共通する価値観かもですね

もう一つ、現在、個人指導で80歳を超える方のそろばん学習を月2回各1時間指導しています。「認知症対策にそろばんがよいと聞いてそろばんをやってみたい(そろばんの経験者です)」という個別相談があり、昨年の5月から1年半ほど続いています。これまで全く休みなく片道30分ほど散歩しながら通ってきています。制限時間内練習はしていませんが、珠算技能は3級~4級レベルになり、暗算も5級レベル、さらにやったことのなかった読上算、読上暗算にも取り組み、とうとう読上暗算の3級の練習問題(読み上げられた2桁の10個の数字を頭の中で計算)では合格点をとれるようになりました。これも「やれないと考えず、嫌がらず、拒絶せず、やってみようとし続けた結果」ですね。全く挑戦しようとしない学習者やちょっとできないと難しい、嫌いと言ってやろうとしない学習者もいることと比べて、見習ってほしいですね。何歳になってもやろうとすればできるようになる可能性があるということの証左でもありますね。

8月教場検定結果(速報)

夏休み明け先週実施の「8月の教場検定の結果」を教室の掲示板に発表しました。今回の特記事項は、珠算の下級(7級以下)は長いお休みが入ったことも理由か合格点に届かないメンバーが多数(6人が不合格)、一方で、珠算4~6級の中級は、13人(受験16人中)が合格(2年生4人、3年生6人、4年生2人、5年生1人)ととても優秀な結果でたくさんのメンバーが進級します。また、読上種目(読上算・読上暗算)も練習不足感があり、全体としてはボロボロの結果だったのですが、その中で「読上暗算1級」だけは 3人が合格 でき、3人とも「5種(四種)1級以上合格者」になりました昨年10月の日商珠算1級3人合格に匹敵する快挙ですね大変うれしい結果です。さらに、今回もしっかり合格種目を重ねた、4種目同時合格者に2年生の男の子が1人。3種目合格者が3人(2年生の男の子1人、女の子1人、4年生の女の子1人の3人)でした。一方で今回も、4~2種目玉砕の人もです。受験をするのであれば、技能とともにメンタル面をしっかり訓練し、「合格しようという意志を持って臨めるように」ですね。合否の差を決めるポイントはこの点のように思いますね。

個別の内容として「 珠算 」は、準1、準2は合格点に届かず、4級以下の総数結果は先の通りでしたが、4級合格者の2人(3年生の女の子)、5級合格者の2人(2年生の男の子)は、6月との2か月連続の合格者です。今回は教室での学習(12回ぐらい)だけでは長いお休みもあったので練習量不足になるところを自宅学習でしっかりカバーしました。とても素晴らしいですね。7級以下は以前にも伝えた通り、「問題を止まらず解くことができる集中力が続くトレーニングをクリアした人」から進歩していくとも言えますね。「やり方をすぐ忘れる人(覚えられない人)」は残念ながら時間がかかります。「暗算」は、1~3級で合わせて約半数の7人が合格でした。暗算1~3級は「問題全てできるようにもう少しスピードをアップすることと正確性をアップしないと合格できない」ですね。とはいえ、暗算4級~6級は、今回も欠席者以外の9人は全員合格です。「読上算」は、1~2級は玉砕、3級以下は約半数の7人合格できましたがもう少し合格してもらいたいですね。「読上暗算」は、1級は先に記載の通り3人合格(6人中)でしたが、2~3級、3級が玉砕、4級も11人が届かず4人合格(それも全員がここ1年半~1年ぐらい前から学習の2年生)で、ここの技能アップができないのは大問題ですね。

今回の検定は、夏期休暇中にしっかり自分で努力できたかどうかの違いの感がありますね。この「自分で学習できる習慣(やらされ学習ではなく)の有無」はそろばんだけでなくどのようなものにも言えるのでしょうね。どうでしょうか。どちらにしても、今回合格点に届かなかった人は次の10月にリベンジです。今回の8月検定の結果と10月の受験申込書は、今日から配布の教室だよりで一緒に渡します。教室では夏期休暇後からも次々と入学が続いていますので、1年後ぐらいから検定にチャレンジできる今年の入学者の皆さんに追い抜かれないようにですね。

休み終了、スパート

夏休みも終了し、8/18から「休み明け確認問題」を解きながら勘の取り戻しをしています。2日間続けて来たメンバーはだいぶ良い状態に戻りました。やはり、わり算はやり方忘れが多いですね。かけ算はほぼ大丈夫そうですが、みとり算は注意力がかなり落ちていてミス続出です。さらに、スピードは完全に落ちていますが、これはいつものことですのでどうにかなるでしょうね。検定は週末です。今回も4種目で延べ人数で120人を超える受験者です。頑張ってもらいましょう

ところで、今年は春先ではなく、7月以降の体験が続いています順番にやってみたいとなれば入学となっていますが、そろばんのよいところの一つは「いつからでも始められる」ということでしょうね。あとは努力の仕方次第で早く上達できるかどうかです。のんびり学習でもその分長く学習できれば技能はアップします。習い続けられる期間がどれくらいかにもよりますが、一定の技能レベルまで到達できていれば将来の一つの武器になりますね。夏期休暇中に、少し前に卒業した今、大学生、高校生の兄弟が来た時にも「今でも簡単な計算は楽にできるのでとても便利」という話になりました。身についた技能は消えないということですね。

夏休みに入りました

そろばん教室は、8月8日の「そろばんの日」で終了し、夏期休暇に入りました。最終日は、教室でははじめての「そろばんの日(8/8はそろばんの日です)」イベントとして少しだけの景品ありの問題を出席者全員がしました。普段しっかりやっていればできそうな問題でしたが、3部でも苦戦者、計算間違い者が何人も。また参加者も、1部は11人、2部は20人、3部は10人の予想外の参加人数でした。2部は、景品があると予告していたこともでしょうかね。夏休みの欠席者が多数の予定での景品を用意していたので2部ではかわいそうでしたが、もらえない人もでてしまいました。どちらにしても、休暇前の練習は終了です。8月18日(木)から再開です。月末に検定試験がありますので、はじまったらすぐに勘を取り戻す必要もありますね。

フラッシュ暗算に挑戦

「10個の数秒だけ見えた数字の足し算を頭の中で計算できますか?」 だいぶ前に記載のフラッシュ暗算のコメントを一部加筆して再掲しますが、来週の検定試験も40人超の受験者がいます。頑張ってもらいたいと思います。教室では、5台以上のパソコン常設で練習できます。ところで、「フラッシュ暗算」は、「目で見た数字を頭の中で瞬時に計算する技能」ですが、一種の「脳トレ」といってよいものかもですねTVでもスーパーキッズの計算技能として取り上げられることも多々あります。 できるようになると、3桁でも4桁でも、それも10口(個)や15口(個)の画面にでてくる数秒の数字を頭の中で計算できるようになります。

教室では、珠算の8級クラスに到達した人からフラッシュ暗算検定に挑戦し始めます。最初の検定の10級ならば、1桁の4口(個)からの計算ですので、易し過ぎる人もいます。その場合は、少し上からチャレンジとなります。練習も一人でできるもので、頭の中でそろばんの珠を動かせる人で、そろばんの珠を記憶したままのトレーニングができるようになるとあっという間にレベルが上がります。目安として2桁10口の数字を計算できるようになれば一つの技能と言えると思いますが、やはり3桁10口はクリアしてもらいたいですね。今、教室では、このレベルができる有段者が10人います昨日の練習時にその中の3人が並んで四段に挑戦していました。

そろばん技能の中でフラッシュ暗算はパソコンやスマホを使ってマスターできる技能」ですので、他の人と違った技能として習得するには「時代に合った計算技能」と言えるかもしれません。ただ、10問中8問以上の正答率(80%以上)が必要ですので、数字で計算をしてしまう人(それでもできないというわけではありません)とケアレスミスが多い人は連続で不合格の人もいますが、基本のやり方をマスターした人は連続で合格しています。得意、不得意がでる種目かもしれませんが、是非とも全員がマスターしてほしい計算技能ですね。

合格するとこうなります。以前に、3人が同時に合格したときの写真です。

そろばん学習の入学してから

どのような習い事、あるいは趣味などにも得意、不得意はありますね。教室の今の4~6級ぐらいの中級以上の現状は検定試験の結果の内容ですが、「 そろばんの入学後どのような感じでしょうか 」という質問が複数ありましたのでお伝えすると、例えば、今回の6月検定の初受験の合格者の中で珠算の8級の合格者3年生の男の子は今年の2月の入学の4ヶ月目2年生の女の子は1月入学の5ヶ月目珠算9・10級の合格者2年生の女の子は昨年1年生の11月入学の8ヶ月目2年生の男の子は昨年1年生の9月入学の10ヶ月目でした。この4人は初受験です。毎回とはいかないまでもしっかりと取り組むことができる人はやはり早く上達します。やり方を覚えて忘れないように練習できるか否かとも言えますね。週練習する回数が多ければもっと早くの技能のレベルアップもありえますが、週2回程度ではこのようなイメージです。

一方で、まだ受験にたどり着けない1年以上の学習者の2年生、1年生、年長さんも少なからずいます。さらに、一度は受験(検定合格)できていても、次のレベルがあがる学習の取り組み姿勢がなかなか定着しない集中して問題を解き続けられない、すぐに止まり遊び始めるなど)人や、そろばんの継続学習が続かず習い事を諦める人もいます。適性とも言えなくはないですが、そろばん学習の初級から中級の問題は、数字の桁も小さくやり方も難しいというものではないので、意欲、やる気の問題の方が要因でしょうね。「計算問題を一定時間解く」ということができるようになる前での諦めはちょっと心配になりますね。「興味のあることや感覚的なすぐにできることだけ」というのはやれることの範囲を狭めてしまうようで残念ですね。

短期間で習得できる、そろばんなら技能検定合格することが必ずしもよいと限りませんが、「与えられた課題を努力してクリアしていくことができないよりは、練習をすることでレベルアップできる方がよいもの」ですよね。とはいえ、現実的には「年長さんから1年生ぐらいから習い始めた人では、1年ぐらいで受験(級の合格)、その後は、半年で1つぐらいのレベルアップでよい」ものとは考えています。「2年生以降から習い始めた人ならば、6~8ヶ月ぐらいで受験(級の合格)、その後は4ヶ月ごとぐらいで検定にチャレンジできるぐらいがよい」と考えています。長くかかる人は技能面の問題ではなく、取り組み姿勢面がなかなか習得できない面が多いですね。どちらにしても、継続的に学習し続けることができる、徐々にレベルアップする内容に挑戦し続けられることの方が大事です。長く習っている人では、今でも、6年、7年以上続けている人もいます。通常は、3年程度です。最後は「自分の目標のレベルまで到達(クリア)して卒業」、それが一番よいですね。もちろん、時間をかければ、そろばんツールを使った計算問題を机上で解く珠算の技能だけなく、暗算読上種目(読上算・読上暗算)フラッシュ暗算など様々な技能を習得できるようになるので、そろばん学習は幅が広い(奥が深い?)とも言えますね。

6月試験場検定結果(速報)

6月26日)の日商珠算の試験場検定の結果が発表されました。今回も前回の2月に続いて、なかなか厳しい結果でした珠算2級が2人(4年、5年の男の子)、珠算3級も2人(5年の男の子、6年の女の子)ずつの計4人が合格でした。(珠算1級の受験者は今回はなし) 本番に弱いのか、70%ぐらいはできていても、合格点にあと30点~10点のメンバーが多数。時間配分ミスは受験後に報告が数名ありましたが、それ以外で見取算のミスたくさんの失敗、わり算のミスたくさん(これは恐らく桁間違いでは)など。正答率80%は甘くはありませんね。 合格した4人は全員が、オール2級、オール3級に到達ですが、今回、オール3級がかかっていたメンバーは何人もクリアできませんでした。今回これで卒業予定のメンバーもいましたのでとても残念です。 また、5人が挑戦した段位認定試験については、今回、珠算準初段に1名(中2生)暗算準初段(4年生)に昇段できました。今回では昇段できなかったメンバーも種目別の得点はよくできているものも多く次回に昇段を目指しましょう。

あんざんコンクール川崎大会

7/2(土)の「2022年全国あんざんコンクール川崎大会(KCCIホール)」に7名の学年別の選抜組が参加してきました。なかなかハイレベルの競技会でしたが、読上暗算、フラッシュ暗算では少し対抗できたようにも思います。4年生の女の子の3名が入賞できました一人は、最後の入賞をかけての同点決勝のフラッシュ暗算(3桁10口6秒)で勝ち取りました。なかなか体験できない貴重な経験だったかもですね。

  

また、かけ暗算、わり暗算、みとり暗算の個人成績は、会場の大会の入賞はとても高い得点が必要でしたので逃しましたが、7人のうち6人は部門別の優良賞をもらえる得点です。選抜組としてはよく頑張ったと思います。明日から教室で、次の技術レベルの選抜組20人が通信での大会に参加します。こちらも頑張ってみましょう。